口座開設ガイド:ZuluTrade 一番わかりやすいスタートガイド

ZuluTrade 一番わかりやすいスタートガイド

FX自動売買システムの最高峰

いちばんわかりやすいFX入門


口座開設ガイド

■2)FXDD(海外FX業者)に申し込む。

FX業者は多くのなかから選べます。ただし、管理人が登録したのがFXDDなので、FXDDの口座開設のやり方について説明します。

海外FX業者の口座開設は、けっこう複雑です。がんばりましょう。

出金用の銀行のデータが必要になります。
あらかじめ、銀行のデータをローマ字でテキストファイルに書き出しておいたほうがいいです。
銀行名、支店名とともに、なぜか銀行の住所が必要になります。正確な英文表記については、その銀行のホームページなどで確認してください。

まず、共同口座をつくるかどうか、聞いてきます。ここはNOにします。

次に使用するツールを聞いてきます。とくに希望のない方は、メタトレーダーにしておけばいいと思います。メタトレーダーは世界中で使用されている高機能なFXの定番ツールです。メタトレーダーの本もたくさん出ています。

※ただし、私は取引してからはじめてわかったのですが、FXDDでは、取引ごとに手数料が1ドルかかります。 最初は、メタトレーダーを使っているから手数料がかかるのかと思いましたが、サポートにメールでたずねたところ、FXDDのZuluTradeの口座には手数料がかかるということでした。ご注意ください。

fxdd画面

次は、名前、住所などを入力します。

FXDD画面

右側で、メルアドや性別などを入力します。

電話番号は、日本のコード81を最初につけて、日本の市外局番の最初の0を省略します。

FXDD画面

FXDD画面

年収や資産について書きます。

FXDD画面

銀行口座を記入します。
上記の説明は、FXDDジャパンのホームページに記載されているものです。
この記述では、支店名を書くところがありません。これでは日本の銀行に振り込めないのではないかと懸念します。私は銀行名の欄に〇〇Brunchまで書きました。ただし、そうした細かいことは出金時に確認すればいいと思います。


ABA、スイフトコードについては、各銀行のホームページなどで確認してください。

銀行口座を記入したら、FXDDの申し込み、最後の画面に進みます。

ここは必須項目はありませんので、すべて「いいえ」でいいです。

FXDD画面

これで、FXDD(FXの業者)の口座の申し込みはとりあえず終わり。

コーヒーでも飲んで、一息入れてください。

コーヒー

このあとは、オンラインサインに進みます。

●もし途中でやめたり、回線が切断されたりしたときは
FXDDからメールが来ますので、そのメールに記されたURLからつづきをおこなうことができます。
オンラインサインの画面のURLもメールで知らせてくれます。