ZuluTrade 一番わかりやすいスタートガイド

FX自動売買システムの最高峰

いちばんわかりやすいFX入門

トレードの実行方法

■シグナルプロバイダーを選択

ZuluTradeで取引をするためには、シグナルプロバイダーを選択します。

ログイン後の初期画面(マイアカウント)から「シグナルプロバイダーの追加」ボタンをクリックし、シグナルプロバイダーのリストを表示させます。

あなたがプロバイダーを評価して、いい成績を上げるプロバイダーを選ぶことが、勝つために重要です。つまり、勝敗はプロバイダーの選択眼にかかっているわけです。

ここでは人気のあるプロバイダーを選択する方法をご説明しましょう。

このシグナルプロバイダーの一覧表から、お気に入りのプロバイダーを選びます。

ZuluTrade画面

リストの上部にある項目名をクリックすることでシグナルプロバイダーの並び変えを行うことができます。

まず、リストの上部にある「フォロワー」の項目名をクリックしてください。
1度目のクリックでユーザー数の少ないシグナルプロバイダーが上から表示されます。
そのままもう一度クリックし、ユーザー数の多いシグナルプロバイダーが上から表示させてください。
必ずしも「ユーザー数の多いシグナルプロバイダー = 優良シグナルプロバイダー」ではありませんが、多くのユーザーに支持されていることから、一定の成果を期待できるでしょう。

シグナルプロバイダーを追加します。
リスト内のシグナルプロバイダー名をクリックしてください。
黒い半透明の背景の中、グラフとともにシグナルプロバイダーの追加画面が表示されます。

ZuluTrade画面

グラフはこのシグナルプロバイダーが過去の一定期間(標準だと過去1年間)で獲得したpips数(利益)を表しています。 一般的に右肩上がりのグラフが良いとされますが、グラフの途中で大きくひずんでいるようなグラフなどがありますので、ひとつの目安としてご利用ください。

表示されている画面左下に「ロット」の設定数を入力する欄があります。ここではシグナルプロバイダーから出されるシグナル毎にいくつのロット数でポジションを建てるのかを設定することができます。

ロット数が大きいほど得られる利益も大きくする事が出来ますが、その反面、損失も大きくなりますので慎重に設定される事をお勧めします。

ここで任意の数値を入力し、ロット数入力欄の下にある「シグナルプロバイダーの追加」ボタンをクリックしてください。

画面が切り替わり、シグナルプロバイダーのポートフォリオ画面が表示されます。追加したシグナルプロバイダーが画面上に表示されているでしょうか?画面上にシグナルプロバイダー名が確認できれば、追加完了です。正しく追加されていない場合は、再度リストから選びなおしましょう。

続いて、シグナルプロバイダーについての細かい設定を行います。
マイアカウントの「設定」のページでおこないます 。

■シグナルプロバイダーの設定

シグナルプロバイダーの設定
まず「シグナルプロバイダーのポートフォリオ」と書かれたすぐ下にある「高度な設定」のチェックボックスにチェックを入れます。

ここにチェックを入れる事で、より安全な取引の設定を行うことができます。
シグナルプロバイダーの設定

「取引ごとのロット数」
先ほどシグナルプロバイダーを選択した際にも表示された設定項目で、先ほど数値を変更された方もここで再度変更することができます。

「最大トータルオープン取引数」
シグナルプロバイダーがオープンすることのできるポジション数の上限を設定する項目です。オープンするポジション数はシグナルプロバイダーによって様々ですが、ここで制限をかけることによって、リスクを限定することができます。

「通貨ごとの最大オープントレード数」
このシグナルプロバイダーが同じ通貨ペアでオープンすることの出来るポジション数の上限を設定する項目です。シグナルプロバイダーによっては複数の通貨ペアを取引することがあります。同じ通貨ペアでの取引を制限することによってリスクを分散する目的で使用します。

「リバース」
数多く登録されているシグナルプロバイダーの全てが、良いシグナルを出しているかと言えば、必ずしもそうではありません。時には全く利益を生まないシグナルを出し続ける事もあるでしょう。この設定は、そうしたシグナルプロバイダーから出されるシグナルとは逆の取引を行うための設定です。このチェックボックスにチェックを入れることで、シグナルプロバイダーから出されるシグナルとは反対のポジションをオープンします。

「リミット」「ストップ」
これらはシグナルプロバイダーが出すシグナルで設定される「リミット」「ストップ」の値に関係なく、お客様ご自身の判断でその値を設定することができます。
ただし、最小値は15以上とする必要があります。

設定の保存
シグナルプロバイダーの設定欄の下にボタンが並んでいますが、この中から「シグナルプロバイダーの設定をセーブ」をクリックして、設定内容を保存します。
※設定は保存されるまで有効にはなりませんのでご注意ください。

自動売買スタート

これでシグナルプロバイダーの設定は完了しました。

この状態でシグナルプロバイダーからシグナルが出されると、ZuluTradeのシステムが自動的にポジションをオープンします。

シグナルプロバイダーのバックテスト
設定を保存したら、シグナルプロバイダーのバックテストを行いましょう。
高度な設定のチェックボックスの隣に、「シグナルプロバイダーのバックテスト」があります。
これをクリックすると、現在選択中のシグナルプロバイダーの過去6ヶ月の運用成績でテストしたグラフが表示されます。
このグラフがマイナスになっていたり、思ったよりも成績が良くない場合には、シグナルプロバイダーやその設定を見直してみましょう。

全体の設定
最後に、全体の設定として画面下部にある「最大オープンロット数」の設定を行います。
これはアカウント全体、つまりシグナルプロバイダー個々の設定に関わらず、お客様のZuluTradeでオープン出来る最大のロット数の設定です。
この設定は、個々のシグナルプロバイダーで設定した「取引ごとのロット数 × 最大トータルオープン取引数」を合計した値を下回らないようにしてください。ここが合計の値よりも小さい場合には、こちらの設定が優先されるため、想定した動作をしないことがあります。

こちらの設定を変更されたあとは、さらにその下にある「口座設定をセーブ」をクリックし、変更を反映してください。

■取引状況の確認

取引状況の確認
ZuluTradeでは、自動的にオープンされるポジションと、取引の履歴をリアルタイムに確認できます。

ここではその確認方法をご説明します。


▼獲得pips数及び資金
マイアカウント画面上部には、常にお客様の口座の情報が表示されています。
上部には以下の情報が表示されています。
・お客様名
・口座: お客様の口座番号
・資金: お客様の資産総額(リアルタイムに変動します。)
・pipsでの利益: 獲得された利益をpips単位で表示しています。
複数口座をお持ちのお客様は、「すべての口座」で合算された獲得pips数が表示されます。

獲得pips数及び資金

▼ポジション
マイアカウント画面内上部の「ポジション」タブをクリックします。
現在オープンしているポジションの一覧が表示されます。
この画面では、表示されているポジションをお客様ご自身で決済して頂く事も可能です。決済をご希望の際にはポジション詳細の一番右側の「Close」をクリックすることで、その時点のレートにて決済処理が行われます。
※お客様の判断による決済によって、シグナルプロバイダーのシグナル通りの取引結果と大きく乖離することがございますので、ご注意ください。

ポジション

▼取引履歴
マイアカウント画面内上部の「履歴」タブをクリックします。
現在までの取引履歴が折れ線グラフと共に一覧表示されます。
グラフはシグナルプロバイダー毎に線が引かれ、それぞれの獲得pips数がわかります。
一覧ではポジション詳細が表になって表示され、それぞれのポジション単位での損益が確認できます。
グラフ上部には表示される内容を変更する為の設定があり、それぞれの設定を変更することで特定のシグナルプロバイダーの履歴を確認したり、特定期間の取引履歴を確認することができます。

取引履歴

口座を開設する