東京FX入門:一番わかりやすいFXの解説サイト

FX自動売買システムZULUトレード

FXの基礎知識

■為替はなぜ動く、政治で?

外国為替は需給バランスによって、レートが24時間変化しています。

レートの変動に影響を与える要因は何か、それを考えてみましょう。

レートの変動に影響を与える重要な要因のそのひとつが政治です。

その国の政権がどのような為替政策をめざしているかにかかわります。日本経済のあり方は輸出主導であり、国家としても輸出主導のスタンスであり、円安を望む姿勢がはっきりあらわれています。

アメリカでは大統領が変わるたびに為替政策が変化することが多いようです。アメリカの財務長官の為替政策における発言は市場に強く影響します。1994年にはアメリカが抱える巨額の貿易赤字を減らすため、日本に対して貿易面での圧力を強め、「ドル安容認」の発言をおこないました。このアナウンスによって、円高ドル安が加速しました。

菅直人

為替政策が変わり、その後は一転してドル高になっています。これ以降は強いドルを維持しながら、双子の赤字をコントロールしようとしているようです。しかし、2007年のサブプライム問題により、状況は一変しました。アメリカは金融緩和を政策として打ち出していいるため、世界的にドル安傾向にあります。

日本は円高ドル安では輸出産業が大きな打撃を受けるため、産業界も政府も極度の円高は望んでいません。 菅総理や財務大臣などが口先介入をするのも、そのためです。しかし、為替の政策は国際協調が必要であり、日本だけが為替に介入することはむずかしくなっています。世界的に、現在、為替のコントロールはきわめてむずかしい状況になっていると思われます。

つまり、アメリカの政策が、世界中の為替に影響を与えていますので、これは無視できない要素です。

ヨーロッパでは為替レートの変動は、市場に任せるという傾向にあり、政治的な要因は少ないようです。

こにようにFX取引で儲けようとして、為替について考えるためには、政治や経済に注視する必要があります。
ライン
■注意事項・免責事項
※本サイトは特定の売り買いをすすめるものではありませんので、ご了承ください。