東京FX入門:一番わかりやすいFXの解説サイト

FX自動売買システムZULUトレード

FXの基礎知識

■スワップポイントとは

スワップポイントとは
通貨間の金利差によって生じる利息のようなものです。


FXで儲けるには、2つの方法があります。1つは前回ご紹介した為替レートの変動を利用するキャピタルゲインを狙う方法でした。もうひとつが、今回ご紹介するスワップポイント(金利差)を利用する方法です。つまり、いろいろな収益機会があることがFXの特長ですから、ぜひおぼえておいてください。

■スワップポイントで儲ける

通貨には、その国の市場金利がかかわっています。
金利の高い通貨と、金利の安い通貨があります。

為替の金利差で儲けることを「インカムゲイン型」の投資方法とよびます。 これは「低金利通貨を売って高金利通貨を買う」ことでスワップポイント(スワップ金利)を得て儲けます。

スワップポイントとは通貨間の金利差によって生じる利息のようなものです。

FX取引におけるスワップポイントは、通貨国の市場金利に近い水準で決められ、外貨預金の利率よりも高めの金利を得ることができます。つまり、実際の外貨預金よりも有利な金利なのです。

金利の安い通貨を金利の高い通貨に交換すれば、両者の利息の差がスワップポイントになります。

仮に、年利0.1%の円を売って、年利4%のドルを買えば、年利3.9%相当のスワップポイントを得ることができます。このスワップポイントは毎日受け取ることができます。 そこに、さらに、レバレッジをかけこともできます。

100万円を証拠金にして、1ドル=100円で10万ドル買った場合、円換算1000万円で、 10万ドルの年利3.9%ですから、3900ドル(39万円)分のスワップポイントが入ります。
100万円で39万円ですから、けっこうな収入になります。

このスワップポイントに加えて、もし、1ドル=110円になれば100万円の売買益も手に入ることになります。
スワップポイントによって儲けを狙うのは、比較的安全な投資法といえます。
ただし、インカムゲインの利益はキャピタルゲインの利益よりも小さく、為替レートの変動によって、スワップポイントの利益などは吹っ飛んでいってしまうことがありますので、ご注意ください。

theme : 初心者のFX入門
ライン
■注意事項・免責事項
※本サイトは特定の売り買いをすすめるものではありませんので、ご了承ください。