東京FX入門:一番わかりやすいFXの解説サイト

FX自動売買システムZULUトレード

FX入門

■レバレッジ効果とは

前回の記事で、FXの特長として、4項目を上げました。
  1. レバレッジ効果を用いて、少ない資金で大きな取引ができる。
  2. レバレッジの倍率を設定できるので、リスクの高さを選ぶことができる。
  3. 円が上がっても、下がっても、儲ける機会がある。
  4. 24時間いつでも取引ができる。
さらに、詳しく見ていきましょう。

■レバレッジ効果について
FXでは保証金を用意し、その数倍以上の大きな外国為替取引が可能になります。つまり、資金そのもので為替を買うのではなく、資金は保証金であり、その保証金を使って、大きな取引ができるわけです。

レバレッジとは、「てこ」です。
とくに、FXではこのレバレッジを「元本に対する取引金額の倍率(投資倍率)」という意味で使います。つまり、元本である「保証金」に対する、実際の取引金額(総約定代金)の大きさ(倍率)という意味になります。

たとえば、レバレッジが100倍の設定の場合、
1ドル=95円のとき、1万ドルの取引をしようとすると総約定代金は、
95(円)×1万(ドル)=95万円の資金が必要となります。
しかし、レバレッジを使うと、
95(円)×1万(ドル)×0.01(レバレッジの倍率)=9500円
で取引できます。
この場合、実際に投下した保証金の100倍の取引ができるため、高い利益を生むことができます。おそろしいほど、機能的な仕組みになっています。大きく儲ける機会があります。しかし、逆に損失が発生した場合、その額も大きくなることに注意が必要です。

つまり、レバレッジ効果は、ハイリスク、ハイリターンということです。

■レバレッジ規制について
現在、金融庁によるFXのレバレッジ規制が話題になっています。100倍以上の高倍率がけしからんということです。
金融庁は20~30倍に制限しようとしています。しかし、一般投資家の90.5%のはこれに反対しています。
結論としては、今年2010年の8月から50倍に制限されています。
そして、来年は25倍になるようです。
どうしても困るという人は、海外のFX業者を使ってください。日本語のサポートがあるところもあります。私がZuluTradeのために口座を開いたFXDDはレバレッジ100倍です。やはり50倍よりも100倍のほうが、2倍の建玉を立てられますので、リスク管理をしっかりしておけば、儲けやすいです。

theme : 初心者のFX入門
ライン
■注意事項・免責事項
※本サイトは特定の売り買いをすすめるものではありませんので、ご了承ください。